内科漢方治療

千葉県佐倉市表町1-7-6
漢方外来 漢方専門治療【今田屋内科】

043-485-8081

HOME当院のご案内診療のご案内壮年期・老年期からの漢方季節の漢方漢方豆知識

漢方豆知識

千葉県 佐倉市 千葉市 東京都 花粉症/漢方外来 漢方薬 病院
内科 /アトピー性皮膚炎 葛根湯 関節リウマチ

EPARK病院
 
HOME»  漢方豆知識

漢方薬と民間薬

漢方薬と民間薬は間違いやすく、混同して使われます。
下利にゲンノショウコ、便秘にセンナ、皮膚病にドクダミ、イボにハトムギなどは民間薬と呼ばれ、ひとつの薬草に対し、一つの病気が対応しています。
これに対し、漢方薬は、いくつかの薬草で構成され、様々な病気に応用されます。
たとえば、葛根湯は、葛根、麻黄,桂枝、芍薬、大棗、生姜、甘草の7種の薬草で構成され、応用される病気は、感冒、鼻かぜ、熱性疾患の初期、炎症性疾患(結膜炎、角膜炎、中耳炎、扁桃腺炎、乳腺炎、リンパ炎)、肩こり、神経痛、蕁麻疹、等々です。
漢方薬と民間薬の根本的相違は、漢方薬には診断・治療体系が確立していますが、民間薬にはそのような体系はない、というところにあります。
具体的には、下表のようになります。

  漢方薬 民間薬
薬草 2種類以上 1種類
適応と禁忌 ある ない
応用疾患 多数 1種類
使い方 漢方の基準に従う 基準はない
効果 概ねよく効く 効くことも効かないことも

食性を考えよう

食性を考えよう

普段なにげなく食べている食物にも、それぞれの性格を持っているのをご存知でしょうか。患者の病態が一人一人違っているように、食物にも患者に合う食べ物と合わない食物があるのです。
漢方医学においては、食物や薬は「五味」と「五性」という性格を持っているといわれています。
五味とは、すっぱい、苦い、甘い、辛い、塩辛い、であり、これは味ということで分かりやすいでしょう。
しかし五性については、比較的鈍感です。五性とは、寒(冷やす)、涼(さます)、熱(熱くする)、温(温める)、平(感熱作用がない)の五つの薬性のことです。
現代栄養学では五性は殆ど無視されています。体が冷えている患者に、西瓜や柿などがビタミンが豊富ということで平気で出されます。西瓜や柿は体を冷やすので、食べれば食べるほど体を冷やします。
体が冷えると血液循環が悪くなり、いろいろな障害を引き起こします。しかし、暑がりで、体の熱い人には、これらの冷やす食物は適しています。
一般的に、太陽に近いものほど寒の作用が強く(柿、梨)、地中深くなるほど熱の作用が強い(人参、自然薯)。また、冬できる食物(里芋、大根)、あるいは北方で生育する食物(馬鈴薯)は温熱作用があり、夏できる食物(西瓜、キュウリ)あるいは南方で採れる食物(キウイ、みかん)は寒涼作用があると考えてよいでしょう。

殺人薬が漢方では貴い薬

殺人薬が漢方では貴い薬今回は鳥兜(トリカブト)のお話をしましょう。殺人事件で有名になりましたが、漢方にとっては大変大事な薬で、二千年前から使われています。
漢方で使われる場合は、多くは減毒されていますので、使い方を正しく守れば心配する事はありません。
トリカブトは漢方では「附子(フシ)」とよばれ、キンポウゲ科トリカブト属の根を使います。
関節痛、腰痛、筋肉痛などの疼痛疾患には、必需品です。当院で使われる関節リウマチの多くの処方に附子が使用されています。体を温める作用もあり、冷え症の方にもよく応用されます。利尿、強心作用もあり、危急存亡の時に必ず登場する、心強い薬でもあります。
附子を自由に使えば漢方家として一人前だといわれるぐらい、厳密な調整が必要ですので、素人の方は、避けた方がよいでしょう。

四十過ぎたら八味丸

八味丸(八味地黄丸ともいう)ほど中年以降の年代の人にありがたい薬はありません。
一言でいえば老化予防の薬といえます。
中年以降になりますと、歯が抜け、髪が薄くなり、筋力が低下してつまずきやすくなり、骨も脆くなり、皮膚もカサカサしてきます。物忘れがひどくなり、白内障になります。
性欲も減退し、男では前立腺肥大症になります。これらは皆、老化に伴うものです。漢方ではこの状態を「腎虚(じんきょ)」といいます。この腎虚に対する薬が八味丸なのです。
老化はある程度仕方ありませんが、八味丸でその速度を遅らせることはできるでしょう。
その為には早めに八味丸の服用を開始することです。私の漢方の師匠である藤平健先生は、「四十過ぎたら八味丸」というキャッチフレーズで八味丸を有名にしました。
実際、眼科医である藤平先生は、老人性白内障の予防と改善に八味丸を応用し高い成績を上げています。

PAGETOP